How to Cosplay

コスプレ個人撮影でギャラは発生するのか

投稿日:2018年10月6日 更新日:

コスプレ個撮でのギャラはいくら?

初心者コスプレイヤーでは、個人撮影を行う際にギャラの相場が気になるかと思います。

ずばり、結論から書いてしまいますと普通のコスプレ撮影ではギャラは発生しないのが基本となります。仮に何らかの報酬をいただくとしたとしても、最低限でもあるいわゆる「お車代」として、撮影現場までの交通費くらいです。

というのも、コスプレイヤー側はコスプレ衣装や造形などを用意してカメラマン撮影による作品として自分だけでは撮影ができない写真が欲しい、カメラマン側は高価なカメラ機材や撮影技術と写真編集技術を提供しコスプレイヤーさんの個撮写真が撮影できる、ということでお互いの所持品や技術等を持ち寄り利害関係が一致、双方共にメリットを享受することからWin&Winの対等な関係にあります。

コスプレ衣装提供

カメラマンさんが「〇〇な写真を撮りたい」と、コスプレ衣装やウィッグ等を提供する場合があります

コスプレは、このあたりが自己完結してしまうので経済効果が生まれにくい、と言われる部分でもあるのですが。
ここに企業が介在する余地が少なく、手数料が発生しにくいという点でビジネスになりにくいという現実があります、そこが大人達から拒否される一因でもあるわけです。

とはいえ、他の記事でコスプレは撮影会や個人撮影に発展できるって書いてるジャン、と当サイトを隅々まで目を通していただいている方からは指摘されそうですが。

△ ▼

ここでギャラが発生するということは、撮影を仕事として受けるということであり、ギャラを支払うカメラマン側の要求には答えるということになるわけで、これは対等な関係ではありません。

ギャラを支払うカメラマン側は、それで何かの利益を得るということになります。その利益とは、撮影した写真のROMを販売するなど、ギャラ以上の利益を生むことです。
普通のポーズを取るだけの要求ならばよいのですが、お金をもらうことで下着の撮影や着エロなどの際どい撮影を要求された場合には、断れなくなります。

このように、"お金"をいただくということは、それ以上のリスクもあるということも考えておく必要があります。

なお、企業や撮影スタジオが企画する撮影会などのモデルとして、ギャラをいただくことはあります。これはコスプレイヤー自体に集客能力があり、それが企業にとっての宣伝メリットとなり報酬が発生することになるのです。
この場合にはきちんと管理されていますので、比較的安心に"お仕事"としてできるのです。

個人撮影の危険度を認識しましょう

残念なことに、初心者コスプレイヤーを下心で狙う悪質なカメラマンは存在します。
コスプレにはお金がかかりますから、少しでもその費用を捻出したいコスプレイヤーの中にはお金に釣られる人もいるわけです。

そういった部分も含めて承知の上で個撮を受けるのであれば問題はないのですが、経験の浅い初心者レイヤーが何も知らないのをいいことに、意思に反して危険にさらされることは看過できません。

これは、世間へのコスプレのイメージを悪化させてしまう要因にもなり得るからです。

注意する点として、

  • ラブホテルなどの密室になる場所は避ける
  • 屋外ロケの場合には更衣場所を確認
  • 撮影場所までの移動手段、相手の車に2人だけで乗ることは避ける

相手となるカメラマンとは何度もイベントやスタジオなどで撮影を行なっている、アフターやオフで食事などをしている仲などで、本名は必須で仕事は何をしているかを始めとして、住んでいる住所や電話番号の連絡先などを知っていないと個撮は引き受けるべきではありません。

個人撮影 撮影会
狙われる初心者コスプレイヤー

続きを見る

ココに注意

エロ撮影を行いコスプレROMを制作しているのに、携帯電話番号とメールアドレス(フリー)以外の住所(アパートだった)等は絶対に他人に教えないというカメラマンに出会ったことがあります、オカシイでしょ?!それって。
その後に金銭トラブルを起こし、頑なに仕事先の電話番号を(超有名な)コスプレイヤーさんに教えるのを拒んでいましたけれども。(仕事先も正社員かどうかが怪しく、謎だらけ)

職業を知ることは、ある程度の社会的地位がある人であれば、(一般的な常識論として)それを棒に振ってまで変なことはしないからです。(最近、警察官や学校の先生の不祥事も多いのでアテになりませんけど)

こういったプレイベ-トな内容は、アフターやオフの中で聞いたりすることはできますので、情報収集という意味でも個撮をする前の撮影外の付き合いは重要なわけです。

いろんな部分で秘密が多く隠したがる人とは仕事(個撮)はしない方がいいでしょう、絶対に金銭トラブル等が発生します。得てしてそういう場合には、過去にトラブルがありイベントなどへ出禁になっていることがあります。

コスプレ業界は狭く、横の繋がりでけっこう知り合いが繋がっていますので、そういったトラブル情報はすぐに拡散されて広まってしまうのです。そういった情報と照合されないように、トラブルの前歴がある人は自分の情報を隠したがるのです。

少なからず、コスプレイヤー側としては写真の原本データが相手のカメラマン側に管理されてしまうわけですから、少しでも信用できる相手と組むべきです。
イベントで会っていた頃は表面的には「いい人」であっても、密室で2人きりになったとたんに豹変ということもあるわけで、そういったリスクも十分に考えておく必要があります。

男性カメラマンの全員が全員、そういった下心を持って近づいてくるというわけではありませんが、少なくとも全員がその"芽"を心の奥底に持っていることは疑う余地がありません。
では女性カメラマンなら大丈夫か?ということになりますが、最近は女性でも百合系の人がいますので注意は必要です。

初心者コスプレイヤーさんが、事件になりコスプレがトラウマになることだけはあって欲しくないと思うのであります。

最初の個撮は、管理スタッフ等の外部の人にすぐ連絡が取れるスタジオ撮影などで様子を見るのが一般的です。コスプレイヤーに対してギャラを支払うのであれば、スタジオレンタル代を支払って安全に撮影をしましょう、と。

初心者コスプレイヤーのいきなりの屋外ロケは、安全性(着替えの場所はどうする?)などのいろんな点で問題があります。

結論といたしまして、コスプレイヤーの撮影でギャラが発生するのは、撮影会を呼びかけると何十人かが集まるような集客能力のある場合に限ります。その他のほとんどのケースでは、ギャラは発生しないのが一般的です。

ギャラの提示がある場合には、相応の要求があると思った方がよいでしょう。


 

-How to Cosplay

Copyright© コスプレ始めてみようよ! , 2019 All Rights Reserved.