How to Cosplay

コスプレキャラクター、人気の法則

投稿日:

コミケC95 コスプレ エヴァ アスカ

人気のコスプレ今昔

コスプレでは何年かに一度、大ヒットといわれるコスプレブームとなる作品があります。コスプレイベントにおいて、右を向いても左を向いてもその作品のキャラクターばかり、という時期があるのです。

その反面、アニメではそれなりに話題となり人気があるように見えた作品でも、コスプレ人気ではそれほど盛り上がらない場合も多くあります。その違いというのは、どこにあるのでしょうか?
これには、「目で見て楽しむ」というコスプレの独特な一面が関係しています。

大人気でイベント会場を席巻したコスプレとしましては、古くは「機動警察パトレイバー」の特車二課、「涼宮ハルヒの憂鬱」のSOS団、「エウレカセブン」「ガンダムSEED」「ローゼンメイデン」「けいおん!」の軽音部、最近になり「マクロスF」「コードギアス 反逆のルルーシュ」「鋼の錬金術師」。
近年になりますと「化物語」「魔法少女まどか☆マギカ」「ガールズ&パンツァー」「ソードアート・オンライン」「進撃の巨人」「キルラキル」、そして今ヒット中なのが「ラブライブ!」「ラブライブ!サンシャイン!!」「艦隊これくしょん -艦これ-」「Re:ゼロから始める異世界生活」、今人気の真っ只中にあるのが「FGO(Fate/Grand Order)」ということになります。

ある時期にこれら作品のキャラクターが、コスプレのイベント会場を埋め尽くしたことを記憶している方も多いのではないかなと思います。

コスプレ衣装 ローゼンメイデン 真紅

コスプレにおけるヒットの条件

まず、作品がコスプレとして人気が出る条件として、作品のシナリオがよく練られておりキャラクターが尖っていることは当然としまして、衣装面からは「衣装が原色カラーである」点があげられます。

制服系であれば、「赤」「青」「黄」などの原色系が使われており、目立つ配色である必要があります。
「ローゼンメイデン」などを見ましても、「赤(真紅)」「藍(水銀燈)」「青(蒼星石)」「緑(翠星石)」「黄(金糸雀)」などの原色系の鮮やかなカラーで各キャラクターが揃えられているわけです。「まど☆マギ」でも「黄(巴マミ)」「紫(暁美ほむら)」「赤(佐倉杏子)」「青(美樹さやか)」「ピンク(鹿目まどか)」となります。

さらに上記のコスプレにおける人気作品に共通すること、何か気づきませんでしょうか。

そう、どの作品も「コスプレ合わせ(併せ)」が可能であるという点です。
最低2名から、だいたい5~6人のグループで合わせることが出来ること、これもコスプレで大ヒットするためには必要な条件になっています。

コスプレイヤーであるならば、上記いずれかの作品で合わせを体験したことがある人も多いはずです。同じ作品を好きな仲間と交流する、という大切な要素がコスプレにはあることから、友人らと一緒にコスプレを行えることは重要なのです。

コスプレヒットの最大の要件、派生衣装

もう一つ、最近のコスプレがヒットする特徴といたしまして、ベーシックな制服などから衣装チェンジした派生Verがあることです。
これは「ガンダムSEED」あたりから顕著になってきている要件で、キラやアスランにラクスの私服Verというのがコスプレとしても注目されていました。

コスプレ衣装 エヴァンゲリオン 綾波レイ ゴスロリタイプ

それ以前からも派生Verはあり、マニアックなコスプレイヤーが手を出す領域として、フィギュアで発売されたエヴァンゲリオンの綾波レイやアスカのゴスロリタイプなどが存在しています。
本作品中には登場していない衣装で、イラストレーターが雑誌の挿絵などに描いたイラストからフィギュアが商品化され、コスプレもこれを追ったものになります。

この傾向は「初音ミク」のコスプレなどにも見られるもので、「レーシングミク」に「千本桜」や「雪ミク」といったユーザーを巻き込んだ衣装展開が、長期に渡って支持される理由の一つにもなっています。

この衣装チェンジ傾向は、「マクロスF」あたりからキャラクターがアイドル特性を持つようになり加速することとなり、作品中でも衣装をチェンジして見ている人を飽きさせないような仕掛けになっています。ロボットヒーロー作品で、中盤で主役機が敵に負けてより強い新型機に乗り換えるのと同じ効果を狙っている、と言えば解り易いの・・・カナ?

特に「アイドルマスター」「ラブライブ!」などのアイドル系作品ではこの衣装チェンジがスタンダードとなっており、新曲ごとに新衣装が登場してきます。
また、最近のマルチメディア戦略ではスマホゲームとは切っても切れない関係にあり、アニメ中には登場しないゲームのみで覚醒する衣装バリエーションも多く存在、コスプレにおいてもこれらに敏感に反応しています。

このような変化により、これまで('00年代)は「コスプレ=制服」であったものが、あまり普段着は重視されない傾向となり、('10年代より)アイドル系の衣装がコスプレのスタンダードとなっているのが今のコスプレです。

派生衣装はコスプレ人気が長続きする

このようなコスプレにおける派生衣装では、推しメンの同じキャラクターを衣装チェンジしながら使い回せるという利点があります。つまりは、ウィッグとメイクはそのまま流用ができるわけで、衣装や小道具のみを変えればお気に入りのキャラクターを何回でもコスプレが出来るということになります。
丸々新キャラのコスプレを作るよりは、コストも労力も少なくて済むわけです。

これにより「アイマス」や「ラブライブ!」では、通常長くても5~6年の人気と言われるコスプレの世界において、10年近くに渡って衰えることなくコスプレ人気のトップに君臨しているわけです。

派生Verの衣装をローテションすることで同じキャラクターでもコスプレで使い回せるということは、複数のイベントへの参加が可能であり飽きない、つまりはコスプレ人気は長続きするということでもあります。

一般的にはTVアニメ放映から時間が経つほどに、その作品の人気や知名度は下がっていくのですが、コスプレ会場でそのキャラクターを見かけることによって他のコスプレイヤーが再びコスプレを披露しようと思うわけです。この連鎖が来場者の脳裏に焼き付き、作品やキャラクターが忘れ去られることが無い(=長期間の人気維持)、となるわけです。

いまだに涼宮ハルヒのコスプレは高い人気があり、コスプレイベントでも必ず何人かは見かけることがあります。
ところが今の10代、高校生が「涼宮ハルヒの憂鬱」第1期2006年のアニメ放送を、リアルタイムで見ているとは思えません。第2期の放映でも2009年で、こちらはさらに社会現象化した第1期とは事なり視聴率は落ちています。

今の時代、動画配信で過去の作品も全話を低コストで見ることができるとはいえ、見ようと思った何かきっかけがあるわけです。

コスプレ人気の条件まとめ

このように、コスプレがヒットするにはいくつかの条件が存在します。多くの人が無意識に、コスプレする好きなキャラクターを選んでいるとは思いますが、そこには一定の法則が存在するのです。

  1. 衣装に原色カラーが使われており目立つ
  2. 複数キャラクターによる合わせ(併せ)が可能である
  3. 覚醒などの派生衣装が存在し、何回でもキャラクターを使い回せる
  4. アイドル風のフリル等が多用された可愛い衣装

以上のような特徴を持っています。

当然、大ヒットともなればコスプレされる数も多く、"合わせ"へのお誘いや参加も考えられるわけです。そこで最初はソロでも、レパートリーとして持っていれば急な合わせなどにも対応が出来るのであります。

好きなキャラクターのコスプレを選択することは大前提ではありますが、そういった人気の側面も考えながらコスプレキャラクターを選んでみてはいかがでしょうか。周りに合わせるということにより、世界観がさらに広がる可能性もあるわけです。

-How to Cosplay

Copyright© コスプレ始めてみようよ! , 2019 All Rights Reserved.