How to Cosplay

許可なくコスプレ写真を掲示板に転載すると損害賠償も

投稿日:2018年11月9日 更新日:

コミケC86 アイアンマン コスプレ

安易に掲示板へ画像を転載すると

気になったコスプレイヤーさんのコスプレ写真、ポチッと自分の端末のフォルダーへ保存することは誰もが経験はあることでしょう。

自分のお気に入りのコスプレイヤーさん、他のみんなにも知って欲しいとダウンロードした写真を気軽に自分のSNS等へアップしてしまいますと、それが取り返しのつかないことになるかもしれません。ネット上に公開されて誰でも見られる状態にあるからと、他の掲示板等へ転載をすることは、損害賠償請求の対象になります。

- ねとらぼ -

△       ▼

コスプレ写真の場合、写真には撮影者のカメラマンに著作権があり、被写体のコスプレイヤーさんには肖像権があります。つまりは、この2者の承諾を得なければネット上には公開は出来ません。

カメラマンがコスプレイヤーさんのコスプレ写真をネット上に公開する場合、必ず被写体本人の掲載許可を取っています。中には、撮影はOKだけれども掲載はNGというコスプレイヤーさんもいるからです。

この掲載許可は、その多くの場合でカメラマンやコスプレイヤー本人が管理しているSNS等に限られており、その他の人が掲示板等へコスプレ写真を転載することはマナーの上でもNG、法律的にもOUTとなるわけです。

掲示板へ質問のために写真を投稿

気になったコスプレイヤーさんの写真、さてそのコスプレイヤーはどこの誰なのでしょうか?
ますます気になるところです。

ということで、質問掲示板へ写真を転載して、そのコスプレイヤーの名前を聞いてみようと思うかもしれません。ですが、この行為は「写真の転載」という部分でNGとなります。
場合によっては、その転載の行為が損害賠償の対象となります。

一般的に言われているのは、写真1枚に対して1万円~数万円(×掲載年数)が損害賠償の相場だそうです。さらに、写真がトリミングされていたりロゴが消されていたりした場合には、「著作者人格権侵害」に対する慰謝料が上乗せされてその金額は大きく膨らみます。

「SNSへ自分で写真を公開しているのだから、誰でもダウンロードできるのだし、掲示板へ転載くらいしてもいいじゃん・・・」と軽く考えない方がよいでしょう。自分のアカウントにコスプレ写真を掲載していることと、他の誰かが掲示板へ転載することにはまったく別の意味があるからです。

もし気になるコスプレイヤーさんがいて名前が判らない場合には、その画像を元に「画像検索」をかければすぐにその写真の出所と名前は見つかります。掲示板への写真転載というリスクを冒さなくても、疑問は解消されるのですからそちらを利用するようにしましょう。

逆に言えば、画像の著作者が画像検索をかければ、自分の画像が無許可で使用されているサイトを探し出す事は、時間も手間もほとんどかからずに容易だということです。

TGS2014 着ぐるみ のぶニャがの野望

ネット上での個人特定は可能

ネットは匿名性が高い、確かに掲示板への書き込みが誰かは一見して判らないようになっています。ですが、アクセスしている端末には全てにIPアドレスと言われる番号が割り当てられており、後から利用している端末の特定が可能になっています。

逆にネット上では、全ての行動が記録に残ってしまっていますので、後からその記録を追っていくことはリアルの世界よりも簡単なのです。掲示板にデマを書き込んだ人が逮捕されたというニュースなどは、このIPアドレスを追って書き込んだ人を特定していきます。

もし、コスプレ写真の無断転載が見つかった場合には、「プロバイダ責任制限法」に基づく「発信者情報開示請求」を行います。書類は書式が用意されていますのでそれをダウンロードして書くだけ、費用も印鑑証明の取得や郵便料金程度ですので1,000円程と簡単で誰でも出来ます。
これで、転載した人はすぐに判るというわけです。

この法整備によって最近では、漫画やイラストなど画像の無断使用により次々と損害賠償請求が行われ、数十万円の和解金や裁判例が出ています。数年前よりも、年々このあたりのコンプライアンスは厳しくなっていますから、転載を軽く考えない方が良いでしょう。

中には、「出典元を記載すれば良い」と考える人もいますが、そういった転載基準を示していない画像では、ダメなものはダメだそうです。​

-How to Cosplay

Copyright© コスプレ始めてみようよ! , 2019 All Rights Reserved.